入店前に注意すべきこと | ソープランドならどの風俗求人を選ぶよりも効率的に稼げる! menu

入店前に注意すべきこと

ブロック塀にもたれ掛かっている女性

さっそくソープランドで働いたいという人は、まず面接を受けにいきましょう。
もちろん仕事をする以上、面接は必ずあります。

ただ風俗の面接となると、適当に受けてしまう人がたくさんいるのが現状です。
つまり舐めている人が多いということになります。

しかし、舐めてかかると間違いなく痛い目に遭うでしょう。
風俗店でもちゃんと面接をして採用する人を選んでいます。
つまり受けに行けば絶対に受かるとはかぎらないわけです。
だから面接を受けるときには、相手に失礼のないようにしなければいけません。

そして風俗店の面接で特に注目されるのが、刺青や怪我の跡になります。
ソープランドではもちろん裸になるので、その際に目立つなにかがあるとダメなわけです。
だから刺青なんてもちろんダメですし、怪我の跡が目立つ人もそのタイミングでは不採用になってしまうでしょう。
特にリストカットの跡は間違いなくいい印象を与えないので、ある人は完全に治ってから面接を受けに行ってください。

また風俗の仕事は接客業です。
そのため常識のある態度で接することができない人は、まず採用されないでしょう。
面接官に対してタメ口を使ったり、汚い日本語を使うような人は大体落とされます。

さらに身だしなみが整っていない人も、残念ながら落とされてしまうことになるでしょう。
ソープランドの仕事は清潔感も命なので、清潔感を感じられないような人が採用されることなんて絶対にありえません。
これはソープランド以外の風俗店でもまったく同じようなことがいえますので、必ず気をつけるようにしてほしいと思います。
しかしだからといってスーツで行く必要はありませんので、清潔感のある私服を着ていくようにしてみましょう。